小児普通運賃について

飛行機や新幹線を利用して帰省する人もいることでしょう。帰省については費用もばかになりません。お金をなんとか工面して実家に帰省する人も多いことと思います。遠方だとなおさら料金が割高でしょう。また飛行機を利用しないと時間的に厳しいといった人もいます。
航空券ですが基本的に新幹線より若干高いのが通例です。しかし最近はLCCの航空券も流通しており、繁忙期でも新幹線より安く済むときがあります。帰る時期が決まっているなら、早々にチケットを予約するといいでしょう。 
お子さんと一緒の方は子供の料金についても気になることと思います。例えばスカイマーク利用の場合はどうなっているのでしょうか。

スカイマークでは大人1人に3歳未満の子供が同伴の場合、子供の料金は無料となっています。ただし膝の上に乗せることが条件です。空席があればその席は暗黙の了解で使っても良いことになっていますが、混雑しているときは膝の上に乗せて、子供を抱っこしている必要があります。

3歳から12歳については小児普通運賃というものががいとうとなります。小児普通運賃は国内線の場合、大人料金の半額程度など安い料金設置がされています。また席についても確保されています。
スカイマークの場合、このチケット購入は搭乗当日まで可能です。急ぎの搭乗でも空席があれば航空券購入が可能です。予約変更もできます。ただし同じ運賃という条件なので、例えば1000円ほど高い日は差額を支払わなくてはならないわけです。座席数についても制限はなしとなっています。

チケットの有効期限は支払いを済ませた翌日から、120日です。この間であれば変更が可能です。また取り消しについては1区間1人500円の手数料がかかります。万が一キャンセルになった場合も、500円ほどの負担で済みます。
LCCのチケットは変更不可や取り消し不可が一般的ですが、チケットの種類によっては融通がきくものもあり、このチケットについてもそうしたことが言えます。子供はいつ熱を出したり、病気になるかわかりません。可能であればなるべく変更等がきくチケットがベストと言えます。スカイマークでは大人普通運賃の半額で航空券販売がなされています。

小学校高学年くらいなら子供1人での旅でも問題ないかと思います。夏休みに先駆けて、おじいちゃんおばあちゃんのところへ帰省する子供もいます。かわいい子供には1人旅をといいますし、1人旅の子供はスタッフの方がサポートしてくれるので、思い切って旅をさせてはどうでしょうか。子供にとっても良い思い出になると思います。