SKYバーゲン21について

飛行機で移動を検討している方ですでに予定が決まっている方は、早めにチケット情報を確認することをおすすめします。なぜ早めが良いかというと、早めだと割引運賃が適用になることがあるからです。繁忙期など割引があまりないものもありますが、それ以外の場合は割引運賃が適用になることが多いです。
みなさんは「SKYバーゲン21」というものをご存知でしょうか?

SKYバーゲン21はスカイマークが実施している運賃割引です。この割引では搭乗21日前まで予約が可能であり、普通運賃よりお得な価格で航空券が手に入ります。
予約は21日前までとなっています。ただし21日前でも席数に限りがあるので、売り切れになっていることも少なくありません。スカイマークではSKYバーゲン45というチケットもあります。このチケットについても早々に売り切れてしまいます。こちらのチケットが売り切れなら、SKYバーゲン21の購入に切り替えてみるのも1つの手です。

変更については「不可」となっています。ただし当日であれば空席がある場合、違う便に変更ができます。変更については普通料金が適用になるので差額を払う必要があります。負担にはなりますが、チケットが使えなくなるより良いかと思います。座席数についても制限があります。早めにとっておくにこしたことはありません。
取消したい場合ですが、残念ながら「払戻し不可」のチケットです。ただし国内旅客施設使用料については返金されます。その他の部分についてはあきらめましょう。スカイマークの搭乗ですが、満8歳以下は1人で搭乗することができないので注意が必要です。

キャンペーンは特にねらい目であり、キャンペーンチケットが出ていたらすぐにでも購入することをおすすめします。安いチケットは売り切れてしまいます。中にはキャンペーン情報を有料で仕入れて、航空券を買う人もいるほどです。逆にキャンペーン情報が有料であっても、LCCなら航空券を買う上で価値があるということになります。
チケットについても色んなものが出ていますが、結論からいうとLCCのキャンペーン価格を下回るチケットは存在しないと言っても過言ではありません。また1日考える、また後で見てみるといった具合だとすでに売り切れてしまう場合もあります。安いものは早いもの勝ちです。

近年は旅行だけではなくビジネスでもLCCが積極利用されています。会社としてもコストを下げる上でLCCの存在は心強い味方なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です